キトサン効果.COM

ポット型アルカリ整水器 HV-207POT




【送料無料!】アルカリイオン水 2.0L×6本
【送料無料!】アルカリイオン水 2.0L×6本21世紀に向けたニュースタンダード水を予感させる新しさと健康感をそなえた、アルカリイオン水です。美味しい水で美味しいご飯を!ギフトにも最適魚沼産コシヒカリはこちら!ごようきき。クマぞうの商品はコチラ

価格:1270円




上記 の飲用方法だと〜結構な出費になっちゃいますよね

そこで 電気もついわない アルカリイオン水器の登場です

ポット型アルカリ整水器 HV-207POT
ななんと コスト一日あたり1Lとして35円




電気・電源が不要!水道水を注ぐだけで、
簡単にアルカリ浄水が作れます。
活性炭の改良で"残留塩素"に加え"鉛"、"トリハロメタン"も強力除去!

カートリッジに内蔵されている特殊セラミックの効果により、5分程度でミネラル分たっぷりのアルカリ浄水が作れます。もちろんカートリッジ交換もラクラクで、冷蔵庫に収納できるコンパクトサイズ!
カートリッジの交換時期がわかる

1回使用するごとに、「L数ダイヤル」を回しておけば、カートリッジ交換時期の目安になります。
交換時期
経済的でとってもお得!

電解式アルカリイオン整水器は高価で、交換部品も高く電源が必要となる為、設置場所が制限されてしまいます。でも、ポット型アルカリ整水器なら、購入費用も交換部品も安価。冷蔵庫にも入り、冷たくして飲めます!
水道水を注ぐだけで簡単にアルカリ浄水が作れるポット型アルカリ整水器 HV-207POT



で このお水で当社のキトサンを飲用していただくと一層いいってわけです^^


キトサン 免疫強化基礎 その1

40歳の声を聞こうかというころになると、身がひきしまるものを覚えるものです。
人生80年としていよいよ折り返し地点かという厳粛な気分。そんな感慨にふけって
いると、知りようもない体の深いところで、何かの変化が進行しているのでは
ないかという不安がきざしてきます。

 これからは、いままでみたいな無理はきかなかもしれない。
 がん早期発見のための検診をうけよう
 人間ドックに入って一度、徹底的に検査しておこうか


40歳という節目は、からだの変わり目です。
男の厄年は数えの42歳が大厄、女も37歳が厄年ですが、免疫学的に見ても
免疫力は30代が過渡期で40歳を境にして急激におちますし、エネルギー産生系から見ても
意味がありますこれが正しい点ですが、それ以外はピントがずれています。

ほんとうに大切なことはそんなことではありません。
検診は受けていないし、気になる自覚症状がないかぎり今後も受けるつもりはないし
これはささいな例ですが、健康と病気について、自身なげな、他人まかせのおかしな常識が
まかりとおっています。

ものごとますっぐに見て、本質をつかむ感性がにぶっているのだと思います。
たとえば、次に並べた考え方は現在のおおかたの常識でしょう

・病気の原因になるものは外から侵入してくる
・病気になっらお医者さんに治してもらうべきだ
・熱が出る、痛みがあるなどの不快な症状は早く薬で取り除くべきだ
・症状を聞いて薬を処方してくれる医師はよい医師だ
・「温かくして寝ていなさい」という昔の人の病気への対処では病を進行させてしまう。
・欧米の白人種の進んだ医療をどんどん取り入れて日本人も治療したほうがいい
・がんは恐ろしい病気だ
・疑わしい点があったら大事をとって検査をくりかえすことはよいことだ
・心の悩みはからだの病と関係がない
・生き方や気質を決定しているのは脳だ
・大のおとなが生き方を変えることなどできないし必要ない


免疫学の革命は、これらの社会通念を一新しました。
その世界は、シンプルで、強く 明るく 自分を信じることができるものです。
感激と賛嘆、そして深い安心とおちつきに満ちたものです。
キトサンに出会うことによって劇的に人生を充実させたものにした人々と
私はかかわり私自身も大きな喜びと劇的な感動に毎日包まれて
生かさせてもらってます。

キトサン飲んで 「40歳を境に免疫力が急低下!?」対策

病気の人が一様に顔色が悪いという事実
顔色をよくすれば病気など治ってしまはずだと直感して以来
病気に悩む人に会うたびに、血流をよくすればきっと快方にむかうと言っておきます。

そもそも私達生命体が生きているとは、どうゆうことなのだろうか
つねづね疑問に思うことでした。

どうして自分はこんなにも女性に惹かれるのだろうという悩ましい疑問もいくつになってもありました。
それもこれが理由で氷解したのです。

生殖とはこうゆうことだったのか。それは数十億年の生命の物語と直結
驚くべきことに、がん細胞が持っている理路整然とした目的がくっきりと見えた

体は間違いを犯さない、だけど我々は間違った生き方を選ぶ。

生命とはまことに不思議なものです、生きているということはなんと素晴らしいことなのか
病に悩むときこそ、この楽天性を忘れてはならないと思うのです。

むしろそれを忘れたから病に落ちたといえるのではないか。
私達は本来、自分を全面的に肯定すべき存在なのです。

私達の体は間違いを犯さない。
しかし残念ながら、私達人間は、間違った生き方を選ぶことがある。
それが知識をもつに至った人間と野生動物の差なのです。

野生動物は、感性で自分の生き方を選びます。
知識に汚されていない感性は、間違うことはありません。
そうかといって人間の知識が悪いのではありません。

私達に必要なのは、感性を取り戻す知識ではないでしょうか。
キトサンには自然界の感性を感じざるを得ないパワーがあるんです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。